FC2ブログ

にわかファンの公開おもちゃ箱

主に可動フィギュアで遊ぶブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
カード勝負でフィリップの確率計算が全く役に立たない!
翔太郎のハッタリで敵に勝ったぞ!

そんな予想してましたが大外れでした。

このままでいい

「そのカードは強いんだな?翔太郎!」みたいな。

仮面ライダーW!今回の依頼は!

人物相関図と前回のあらすじ

また逃げられた!

翔「オレにも見えた。フィリップのビジョンが…あれが…あいつの家族」
お父さん、お母さんと手をつないでいるのがフィリップでしょうか。そして前を歩く二人の女の子…
探偵事務所でフィリップが意識を取り戻した。が、いまだ動揺したままだ。
一方、ミリオンコロッセオに潜入した亜樹子は調査対象である優子を見つけた。
亜「早く家に帰んなきゃ。ここは天国なんかじゃないわ」
優「今さら退けるか。今日、この大勝負を待ちわびてたんだ」
加「みなさん、ようこそ。天国のカジノ、ミリオンコロッセオへ。この私への挑戦権を獲得した者がまた現れた。その勇気あるチャレンジャーの名前は和泉優子!」
挑戦権を獲得する条件は不明。賭けに強いことではなく持ってるものを何でも賭けることが条件でしょうか。それこそ全てを賭けることためらわないぐらいに。

ここでアバンタイトル終了。
記事はまだまだ続きます。

Aパート開始

地球の本棚をさまようフィリップ。
フ「家族…僕の家族」
浮かび上がった検索結果1件「MY FAMILY」しかし、ページは破りとられたように欠落している。
フ「ない…ない!」
翔「家族のことだったんだな。フィリップ」
その言葉で本棚から帰還する。
翔「すべての知識を手に入れられるお前が唯一知ることのできないもの。それが自分の過去…だもんな」
フ「僕を笑ってるのか!?」
翔「笑ってねえよ。完璧な人間なんて一人もいない。互いに支えあって生きていくのが人生ってゲームさ」
フ「その言葉も鳴海荘吉の受け売りだろ?」
翔「ああ…何で知ってんだよ」
フ「やめてよ。急にそんな兄貴風吹かされても、困惑するだけだ」
ベッドに不貞寝するフィリップ
ここでスタッグフォンに着信。亜樹子の携帯からだ。
事務所から持ち出したバットショットでミリオンコロッセオを生中継する。
ルーレットで加賀と勝負している優子が映し出される。
一億あった所持金をスッてしまったようだ。
加「君に残された最後の命を担保にするかね?」
ドーパント時の声に切り替わる。
加「ファイナルステージのレートは100倍。勝てば一瞬で挽回できる」
差し出されたライフコインを受け取り
優「やってやるよ!」
最後のルーレット勝負。
優「赤の25だ!来い!来い!来ーい!」
フ「ダメだ。赤の36」
翔「え?」
最後の勝負に負けて崩れ落ちる優子に
加「終わったね」「マネー!」
客の前で堂々とドーパントになる加賀。
だが、客もそれほど驚いていない。
優「待って!次よ!次こそあたしにツキが来る!」
加「クズの負け犬はみんなそういうことを言う。確か、両親の店が破産寸前…だったかな?最初は家族のためだったが、いつのまにか金に目がくらみ…よくある話さ。代償はもらうよ、キッチリとね」
ライフコインを優子の胸に差し込む。吾郎さんの時は額だったが、この場合はやっぱりそこだよね。
優「お父さん…お母さん…」
ライフコインに名前が浮かび上がり、優子は昏倒する。
そして亜樹子の「なにしてんねんスリッパ」が加賀に炸裂!
それを見ているフィリップが妙に嬉しそうだ。

結婚式場

ウェディングドレスを着て満面の笑みを浮かべる冴子。
一方、霧彦さんはお義父さんに呼び出されていた。
霧「お義父さん」
琉「霧彦くん。婚礼を行う前に君を一発なぐらせてくれんかな」
さだまさしだっけ?南こうせつだっけ?
霧「まるでホームドラマですね。下っ端の私が娘さんを奪っていくからですか?」
琉「フフフ」「テラー!」
ガイアメモリを起動されて「マジっスか!」的に動揺する霧彦さん。テラーのメモリは相当強力らしい。
琉「園咲家の者はみな、我ら『ミュージアム』の中枢。この街の、いや、全ての人類の統率者だ。君がナスカメモリの能力を極めているかどうか。それを確かめねば式を挙げさせられん」
若「お父様、私が代わりますわ」「クレイドール!」
粘土人形?メモリを空に放り投げてベルトを背中に装着。飛び降りながらガイアメモリをベルトに差し込んで変身。
若「気取った男のメッキを剥ぐの、私大好き」
お父様も好きそうだ。

ミリオンコロッセオ

加「誰かね?君は」
亜「この街の平和を愛する探偵所の所長よ!」
加「ふーん。いずれにせよ、このまま帰せんな」
亜「アタシに手を出したら部下たちが黙ってないわよ!一人は…いまいち頼りないけど、もう一人は超天才なんだから!」
それをスタッグフォンで見ている二人。翔太郎は頼りないと言われて不満そうだ。
フィリップがスタッグフォンを操作する
加「何言ってんだ?そいつはどこにいる?」
マネードーパントに首根っこを掴まれた亜樹子の携帯に着信。そのまま携帯をドーパントの耳…らしきところに。
フ「超天才の方だ。すぐにゲームに参加するから待っていたまえ」
加「なんだって?」
フ「客になってやると言っているのさ。」
翔「おい、フィリップ、お前、今そんな状態じゃないだろ」
フ「あいつは投下された球の回転角度などから超計算で番号をはじき出してるだけさ。大した芸じゃない」
加「面白いな、その挑発の仕方。私にそこまで言ったヤツは記憶にない。だが、こちらに何のメリットがある?」
フ「僕達はガイアメモリを6本持っている」
加「いいだろう。迎えを出すから待っていたまえ。フハハ…」
ライフコインをばら撒きながら変身解除。
加「会場の諸君、今日はお開きだよ。」
亜樹子に向かって
加「自慢の超天才とやらの実力を見せてもらおうか!」
亜樹子は無言でサムズダウン。

結婚式場

クレイドールドーパントの攻撃をありえないポーズで避けまくる霧彦さん。これはムカつく!
若「余裕のつもり?触れただけで死にますわよ」
ポーズのことを言っているのか変身しないことを言ってるのか。
霧「つもりじゃない。本物の余裕だよ、若菜ちゃん」
舌打ちはまだお預け。だが、霧彦さんは舌打ちっ子を怒らせるコツを掴んだようだ。
一瞬、目のまわりが暗くなったあと、拳にエネルギーが溜まった…ように見えた。
霧彦さんはようやくメモリを取り出し「ナスカ!」ベルトを装着とともにメモリを差し込む。
クレイドールドーパントの渾身と思われるパンチを避けもせずそのまま腹で受け止める。
その様子に満足げに拍手するお父様。
琉「合格と言わざるを得ないようだ。ハハハ…」
これはナスカメモリの能力を極めたっていうのかな?

本物の余裕


川辺の風景

翔「フィリップは自分でも気づいてるんだ。心のどこかが家族ってものに引っかかってんのを」
その頃、フィリップは地球の本棚でギャンブルに関する項目を検索しまくっていた。
翔「オレの方がどうにかしてやんねえと…またあいつは…アー!こんな時おやっさんなら何て言うんだ!」
と悩んでいる翔太郎に
「メリークリスマス!」
翔「なるほど、『メリークリス』…は?」
看板と袋を抱えてサンタの衣装を着ている男が呼びかける。
翔「なんだサンタちゃんか」
知り合い?
サンタちゃん(以下サ)「暗い翔ちゃんは魅力ないよ!はい!楽しいクリスマスプレゼント!ダダダ…」
口でドラムロールして…いつの間にか効果音が被ってきてる
翔「いや…九月…」
サ「いや、気にしない気にしない」
サンタちゃんに気づいて子供達が寄ってくる。
子供達に追いかけられながら退場…この人もレギュラー?
翔「いっつも何かくれるんだけど、こんなのオレにくれてもなぁ」
プレゼントの中身はおもちゃの詰め合わせだ。
そしてミリオンコロッセオへの送迎バスが到着。どこにいたのかフィリップも合流。
フ「世界中のあらゆるギャンブルの必勝法を読んである。今回は君は横で見てるだけでいいよ」
翔太郎は何か言いたそうだが、飲み込んだ。

ミリオンコロッセオ

翔「さあ、ブッ潰しに来てやったぜ」
と気張る翔太郎の横目にスタスタと奥に行くフィリップ。
亜「待ってました、フィリップ君!頼んだわよ!」
フ「まあ、見ていたまえ」
加「その子供が超天才かい?…いいでしょう、ようこそ、我がコロッセオに」
翔「…オレはスルーかよ…」
貸切状態のミリオンコロッセオで加賀とルーレットで勝負するフィリップ。
目を開けたまま何の反応も示さない優子を亜樹子と翔太郎が介抱している。
加「私の賭けるものはこれだ」
手に持ったライフコインにはYUKO IZUMIの名が。
ルーレット台にはライフコインの山が6個。
加「このライフコインの一山をガイアメモリと等価値とする。6対6の勝負だ」
フ「わかった」
ディーラーがルーレットに球を投げ入れるとフィリップが計算を始める。
フ「(台は1880年のオータムステータス(?)製。球の反発力と回転速度を加算(?)して…)赤の21だ」
多分、前半はルーレット台の種類を言ってるんだと思う。
赤の21のみにサイクロンメモリを賭ける。
4ヶ所に賭けるとか、黒とか赤とか偶数、奇数なんて賭け方はテレビ的にわかりづらいので無し?
加「ほう、じゃあ私は」
黒の17にコインを一山賭ける。球は赤の21へ。ライフコインを獲得。
この後も勝ち続けるフィリップ。ライフコインの山は残り1つ。
加「なるほど、大したもんだが、なぜこんな無駄な勝負を?」
フ「別に…」
加「被害者の…『家族』にでも…泣きつかれたか?」
前回の戦いで「家族」という言葉で混乱することを見抜いていたか。
加「家族に何かよくない思い出でも?」
何気に先攻後攻が逆転。ここから負け始めるフィリップ。
翔「まずい」

Bパート開始

バージンロードを歩く冴子とお父様。
冴「お父様。私、幸せよ」
琉「ああ、世界一幸福な家族だ、我々は」
若「チッ」
本日の舌打ち入りました。
ネコも結婚式に参加。

ミリオンコロッセオ

フ「家族なんて…興味がない…」
すでにサイクロン、ルナ、ヒート、ジョーカーのメモリをスッてしまった。
加「フフフ、くずれたね。あきれた脆さだ。ハハハ…」
たまらず席を離れるフィリップ
亜「大丈夫?フィリップ君。全然勝てなくなってきてるよ」
フ「集中できないんだ」
ずっと不安げに見ていた翔太郎が何か手はないかと考えているとサンタにもらった袋に気づく。
加「さあ、キッチリ全てをむしりとってやる!」
鏡にはマネードーパントの姿が映っている。
翔「ちょっと待ちな。選手交代だ。オレが相手になる。そして次のゲームをラストゲームにする。メモリとコイン、全てを賭けろ」
加「はあ?」
亜「えぇぇぇ!」
フ「翔太郎!」
加「君が?ルーレットを?」
翔「いや、俺の一番得意なゲームで勝負してやる」
ルーレット台におもちゃをぶちまけ、トランプを手にして
翔「ババ抜きだ」
どさくさに紛れて自分に都合のいい条件ばかりだしてますが、負ける気がしない加賀さんは快諾したらしい。

結婚式場

神父「ユービーワーノコウカン」
二人はごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。
でも、ただ一つ違っていたのは…

ミリオンコロッセオ

加「次に君はハートのキングをとる」
引いたカードは確かにハートのキングだ。
加「そうだな、ここらでジョーカーを引いてあげよう。これだろ」
ジョーカーを引いていく。
亜「なんでババ抜きなの?さっきから全部あいつの言いなりだよ~」
フ「ヤツは翔太郎の微かな動悸、視線、発汗の変化などを完璧に読んでいる。だからジョーカーの位置や翔太郎の狙う札がわかる。それにカード裁きも神業だ。自分の好きなカードを相手に引かすことができる」
亜「それじゃ勝ち目ないじゃん!」
運まかせなゲームの方が勝ち目があった?
いや、ルーレットの球の動きとかを正確に予測する相手との勝負は不利か。
加「いよいよだね。遊びはここまでだ。次は君にジョーカーを引かせる。そして私がエースを引く。そこで終わりだ!ウフフフ…」
完全にドーパントの喋りになっている。
加「いい顔するなぁ、恐怖する負け犬は!これだから賭け事はやめられないんだ、アハハハ…」
亜「翔太郎君…」
フ「ダメだ、アウトだ…」
翔「大丈夫さ、黙って見てな。…おやっさんが言ってたぜ、『男の仕事の8割は決断だ。そっから先はおまけみてぇなもんだ』ってな。オレはたとえ無謀でも、お前を守って勝負すると決めた。だから結果がどうだろうと悔いはねえ。お前はおやっさんから託された大事な相棒だからな」
第一話冒頭のフィリップ救出シーンが被る。
フ「…無理だ…無意味だよ!翔太郎!」
亜「そんなことない!」
「なにしてんねん」スリッパ炸裂!
フ「え?」
亜「翔太郎君は…君のこと真剣に助けたいんだよ。だから信じてあげなよ。君達、二人で一人じゃない!」
翔「…!そうだ!俺達はダブル…二人で一人だ!」
立ち上がって振り返りフィリップに向かって
翔「いつも二人で一人だよな?フィリップ」
フ「…!」
急に表情が明るくなってうなづく。
翔「勝負だ!次で決めるぜ!」
加「フ!笑わせるな。キッチリ絶望させてやる!」
二枚のカードを翔太郎に向ける加賀。
静かに目を閉じるフィリップ。
そして二枚のうち一枚を加賀に向けて弾き飛ばす翔太郎。
翔「残った札はいらねえ。俺自身がジョーカーだからな」
加賀の額には弾き飛ばされたスペードのエース。
加「バカな!…なんでだ!」
翔太郎とフィリップにはベルトが装着されている。
翔「フ、教えてやるよ。このダブルドライバーを装着した瞬間、オレとフィリップの意識はつながる。今、オレの右手がカードを引いたのはフィリップの意思なんだよ」
フ「翔太郎の表情は完全に読まれている。だから彼が狙った方とは逆を僕が先に引けばいい」
こんなにストレートにジョジョネタとは。
カード勝負で兄との対決と思わせて倒し方は弟との対決のそれだった。
次のセリフも元ネタに近い。
翔「よく気づいてくれたじゃん、相棒。この勝負…」
亜「あたしたちの勝ちね!」
翔「だからカッコいいとこ取るなよ!お前は!」
今回ばかりはフィリップも不満そうだ。
さらに怒り心頭している加賀が変身「マネー!」
亜「おおーっ!」
ルーレット台の上のメモリを取って二人に渡す。
亜「やっちゃって!」
「サイクロン!」「ジョーカー!」
翔・フ「変身!」
「サイクロン!ジョーカー!」
対決!と思いきや。
加「覚えてろ!」
スタコラサッサだぜ。

結婚式場

神父「チカイノキスヲ、オシテクダサイ」
どう聞いても「オシテクダサイ」って聞こえます。
キスと同時に二人ともドーパント化。そして拍手。
ここに普通の人間は一人もいないのか。

最後の追跡

ミリオンコロッセオから出てトンネルを逆走するドーパント。
だが、トンネルに入ろうとする車に遮られる。
同じくトンネルをハードボイルダーで逆走するW。
すれ違いざまにマネードーパントを攻撃。
トンネルの上には見物人がいっぱい。
そして改めてマネードーパントにライダーブレイク!
翔・フ「さあ、お前の罪を数えろ!」
ようやく逃走をやめて向かってくるマネードーパント。
翔「もう逃がさねえぜ」

結婚式場

家族+ネコで記念撮影。
シャッターとともに全員ドーパント化。
…世界一幸福な家族の肖像。

VSマネードーパント

「ルナ!ジョーカー!」
コインばら撒き攻撃を伸びる手で払いのける。
さらに左側をメタルに交換。源さんの新しいお寿司だ。
「ルナ!メタル!」
翔「どんどん行くぜ!」
メタルシャフトの先をムチのようにしならせて攻撃。
加「そうだ、こいつの家族のことを…クズな家族の心の傷でも舐めてろ!この小僧め!」
翔「フィリップ!」
フ「家族…」
ページのない「MY FAMILY」の表紙の裏には翔太郎と亜樹子のイメージ。
フ「それなら代わりがある!…ちょっと冴えないけどね」
翔「こいつ…」
久々に爽やかな「こーいつー」を聞いた。
さらにメモリ交換。
「ヒート!メタル!」
炎を纏った攻撃。効果はばつぐんだ!
「メタル!マキシマムドライブ!」
翔・フ「メタルブランディング!」
マネードーパントは吹っ飛び変身解除。マネーメモリも弾き出される。
加「まだだ、次こそ私にツキが来る…はず…」
「クズの負け犬はみんなそういうことを言う」らしい。
メモリは爆散。ツキはやってこなかった。
翔「後は警察の出番だな」

結果報告

翔「ライフコインの命は持ち主に返した。和泉家にはこれからも変わらぬ借金の山が待っているだろう。それでも三人でいられることに意味があるんだとオレは思いたい。家族がそろってりゃ、いつか何とかなる」
報告書を書く翔太郎とラジオを聴くフィリップ。
ラジオでは「バイクに乗って怪物を倒す超人」として「仮面ライダー」が紹介される。
厳密に確認してないんですが、ナレーション以外で「仮面ライダー」という単語がでてきたのは初めて?
若「いや、若菜は信じてます。信じてますけど…ウフフ」
イマイチ信じてない?それとも、もう正体を知っている?
翔「やったー!若菜姫に笑われた!仮面ライダーだってよ!」
テーブルの上のおそらく若菜姫の絵葉書を取ると「僕のだ!」と言わんばかりにフィリップが取り返す。
翔「俺達、いかがわしい都市伝説扱いされてんぞ!」
フ「二人で一人の仮面ライダー」
翔・フ「ダブル!」
喜んでいるわりには「笑われた」とか「いかがわしい」とか。
単なるギャグなのか重要なポイントなのか?

予告

「敵はどこから撃ってきたんだ?」
「仮面ライダー、そんなに好きか?」
「うん」
「あの女を始末するだけでしょ(?)」
「来てくれたんだね!パパ!」
「パ、パパ?」
ようやく6本目のメモリが本編に登場するらしい。

おまけは無し

来週はニチアサキッズ合体スペシャル
7:00から9:00までの4つの番組でそれぞれクイズを出題。
答えをハガキに書いて送るとプレゼントがもらえるらしい。
ディケイドの時も似たようなことやってました。
で、そのコーナーでアナウンサーが決め台詞を言ったりします。
「シンケンジャー、参る」とか「通りすがりの仮面ライダーだ」とか。
去年は各番組のキャラクターが他の番組の決め台詞言ってた気がします。
プリキュア5の人が「スマイル満開!」とか。

感想

今回、気に入ったのがおやっさんが言っていたというこのセリフ。
「男の仕事の8割は決断だ。そっから先はおまけみてぇなもんだ」
無数の選択肢の中から1つを選び、その先でまた無数の選択肢の中から1つを選ぶ。
当然、常に正解できるわけがない。また、不正解を選んだ先にも無数の選択肢が。
どこでどんな風に生きようと人は常に「決断」を迫られる。
…とかなんとかそれっぽいことを言ってみる。
Aパートで翔太郎のセリフに「鳴海荘吉の受け売りだろ?」とフィリップが指摘してますが、おやっさんとはほとんど面識がないはずなのに、なぜ知っているのでしょうね。
フィリップを救出してから銃で撃たれる間に言ったセリフなのか、地球の本棚にあったのか。
あるいは翔太郎がもっともらしいこと言ってるときはだいたい受け売りなのか。

地球の本棚に全ての人の全ての発言が記録されているとしたらイヤだなあ。
自分の過去の恥ずかしい発言とかも全部記録されてるだろうし。
ま、それはブログも同じですが…

ところで、仮面ライダーダブルのアクションフィギュアが発売されるようです。
大きさはディケイドのFFRと同じだそうで、真っ二つにして組み替えができるそうです。
首と腰の可動が気になるところです。

仮面ライダーW WFC01 仮面ライダーW サイクロンジョーカー仮面ライダーW WFC01 仮面ライダーW サイクロンジョーカー
(2009/11/25)
バンダイ

商品詳細を見る

仮面ライダーW WFC02 仮面ライダーW ヒートメタル仮面ライダーW WFC02 仮面ライダーW ヒートメタル
(2009/11/25)
バンダイ

商品詳細を見る

仮面ライダーW WFC03 仮面ライダーW ルナトリガー仮面ライダーW WFC03 仮面ライダーW ルナトリガー
(2009/11/25)
バンダイ

商品詳細を見る

仮面ライダーW メモリガジェットシリーズ01 スタッグフォン仮面ライダーW メモリガジェットシリーズ01 スタッグフォン
(2009/09/05)
バンダイ

商品詳細を見る

仮面ライダーW メモリガジェットシリーズ03 バットショット仮面ライダーW メモリガジェットシリーズ03 バットショット
(2009/10/24)
バンダイ

商品詳細を見る

仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバー仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバー
(2009/09/05)
バンダイ

商品詳細を見る

仮面ライダーW メタルシャフト仮面ライダーW メタルシャフト
(2009/09/19)
バンダイ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーW(ダブル) - ジャンル:テレビ・ラジオ

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

まとめ

Information

にわかファン
  • Author: にわかファン
  • いい年しておもちゃで遊びまくるおっさんです。

    当ブログの趣旨と無関係なサイトの宣伝等は誠に勝手ながら予告なく削除する場合があります。あしからずご了承ください。

Search

 

FC2カウンター

カテゴリ

ユーザータグ

ミクロマン 

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。