にわかファンの公開おもちゃ箱

主に可動フィギュアで遊ぶブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
お待たせしました。MRS(Motion Revive Series)仮面ライダーSPです。

MRS仮面ライダーSP外箱

今回はちょっと厳しいことを言わざるを得ないですね。


まずはカブトから。

カブト比較

カブト本体は第一弾と同じもので赤色がほんの少し明るくなっています。個体差だとは思いますがSP版の腹部のアーマーの塗装が汚いのが残念です。
付属品は従来の指差し手首とカブトクナイガン・クナイモード(SP版は刃の部分が塗装されてます)にカブトクナイガン(アックス・ガンモード)が追加されてます。追加されたカブトクナイガンは第1弾シークレットのダークカブトに付属していたものと同じです。

ちなみにカブトクナイガンは下の写真のように使い分けます。

カブトクナイガン

アックスモードとガンモードは持つところが違うだけです。アックスモードの斧の部分(ガンモードのグリップの部分)は鞘になっていて、これを外すとクナイモードになります。
武器持ち手にそれぞれ持たせた場合、クナイ、アックスのグリップは細くてグラグラします。ガンモードのグリップは太めになっているのでしっかりと保持してくれます。

続いて電王です。

電王比較

付属品は第一弾と同じく左右の平手と俺!参上!用手首、デンガッシャーソードモード(SPは塗装有り)です。

頭部パーツがMRS第5弾シークレットのネガ電王のものに変わっています。第一弾では縦長だった目の部分が横に膨らんで桃の形に近くなってます。が、その代わり目の先端の銀色の塗装が省かれて(忘れられて?)います。一長一短ですね。

と思っていたらもっと重大な違いがありました。

電王背中比較

背中の塗装が大きく違っています。SPは背中の上の部分を銀で塗装してあるだけで他は成型色のままです。ソードフォームの背中のパーツはアックスフォームでは胸のパーツとなるので、第1弾の塗装が正しいです。
どうやらSPの塗装は第5弾のネガ電王の塗装がそのまま流用されているようです。ではネガ電王はこの塗装で正しいのかというと、ProjectBMネガ電王の写真を見る限り金色に塗装する部分があるようなので、残念ながら間違っているようです。

ということで、MRS SPの電王は頭部パーツと塗装済みデンガッシャーを第1弾に流用して残りは封印することにしました。

続いてモモタロスです。

モモタロス比較

本体は第2弾シークレットのモモタロスと同じようです。カブトと同様に赤(成型色ではなく肩や膝小僧の赤)が少し明るい色になってます。頭部パーツが少し大きくなったかな?とも思いましたが気のせいだったようです。

付属品は従来のコーヒーカップを持つ手(右)、指差し手(右)と平手(左)にモモタロスォードを持つ手(右)が追加されました。手首とモモタロスォードは一体となっています。
モモタロスの右手はなぜか普通にしているものがないですね。

モモタロスォード

モモタロスォードを構えるとこんな感じ。ユルユルの持ち手よりは剣と一体化している方が使いやすいかもしれません。

次は響鬼さんです。

響鬼比較

SP版は成型色が変わっています。第3弾よりも薄い紫となっています。並べてみて初めて気が付いたのですが、第3弾の胸の塗装が間違ってますね。胸の真ん中の部分は銀色ではないSPが正しいです。ただ、成型色は第3弾の方が好みですね。

付属品ですが音角とディスクアニマル、音撃棒が塗装され、さらに装甲声刃(アームドセイバー)が付属します。てっきり音叉剣か音撃棒の鬼石が刃になったものが付属すると思っていたのですが、まあ、響鬼・装甲になる前のシーン用小道具として使えますね。

さて、響鬼でもSPと第3弾で大きく違う点があります。鬼の爪を伸ばした手首とシュッ!の手首がなくなっています。おそらくランナーパーツを第3弾の響鬼からではなくシークレットの京介変身体から流用したためだと思うのですが・・・。これはちょっとひどいんじゃないでしょうか?

というわけで塗装されたパーツを第3弾に流用して残りは封印します。

ちなみにMRS版の音撃棒烈火ですが、

音撃棒烈火・阿吽

阿と吽が表現されているのがわかるでしょうか?第3弾が持っているのが口を開けている「阿」、SPが持っているのが口を閉じている「吽」です。第3弾ですでに阿と吽は表現されていたのですが、今回赤く塗装されたことでわかりやすくなりました。

次はキバです。

キバ比較

写真ではSPの方が大きく見えますが、実際は同じ大きさです。両者ともに傾いて立っているのですが、第4弾が前かがみになっているので小さく見えています。

頭部パーツ以外は第4弾と同じもののようです。また、カブトと同じく赤色が少し明るくなってます。

キバ頭部比較

SPの方が丸顔になっているのがわかるでしょうか?この頭部パーツは第5弾のガルル・ドッガの頭部パーツと同じもののようです。

最後はクウガです。

クウガ比較

第6弾ではライジングマイティフォームでしたが、SPはマイティフォームです。

本体は右足の脛以外は同じパーツを使用しているように見えます。ベルトのバックルもパーツは同じで塗装が違うだけです。

付属品ですが、従来の平手の他に、握り拳(左右)とサムズアップ(右)が追加されてます。
パッケージの写真を真似してサムズアップさせてみました。

サムズアップ

さて、SPからパーツのみ流用したライダーを改めて撮影してみました。
電王は頭部パーツとデンガッシャー、響鬼は塗装された装備一式、カブトはSPの本体の塗装が汚かったのでカブトクナイガンを第1弾に流用しました。

SPからパーツを流用

まあ、ディテールアップパーツを買ったと思えば・・・うーむ。

今回は珍しく箱を切り開いて内側を見てみました。某掲示板のMRSスレでも話題になっていたのですが・・・

箱の内側

MRSに対するアンケートをWebで受け付けているそうです。アンケートのURLやバーコードはMRS SPを買った人だけが見ることができるものなので写真では黒く塗りつぶしました。ご了承ください。
そして気になる「MotionReviveSeries Forever!!!!!」。俺たちの戦いはこれからだ!・・・ってこと?

アンケートには平成ライダーをコンプして欲しい旨で回答しましたが、大丈夫かな?

全員集合

というわけでMRS仮面ライダーSPでしたが、電王と響鬼には正直ガッカリしました。結局、新造パーツはモモタロスォードと装甲声刃とクウガの握り拳&サムズアップのみで他は流用パーツ。いかに総集編といえども値上げ(一個525円→714円)してこの有様ではちょっと納得がいかないです。
次回のMRS仮面ライダーではこちらが予想できないとんでもない、そして嬉しいサプライズを与えてくれると期待しております。

箱の内側の内容からMRS終了か?との憶測があちこちで囁かれていますが、ここで終わられるのは買う側としては本当に辛いです。値上げをしたものの、こんなに低価格でよく動くアクションフィギュアは他にないですから。せめて平成ライダーの主役だけでもコンプリートしてほしいですね。

当ブログではさらにMRSをプッシュしていこうと思います。
・・・思いますが、買っておいてまだレビューしてないものが山のように・・・

Motion Revive Series 仮面ライダー SP (BOX)Motion Revive Series 仮面ライダー SP (BOX)
(2009/03/06)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

まとめ

Information

にわかファン
  • Author: にわかファン
  • いい年しておもちゃで遊びまくるおっさんです。

    当ブログの趣旨と無関係なサイトの宣伝等は誠に勝手ながら予告なく削除する場合があります。あしからずご了承ください。

Search

 

FC2カウンター

カテゴリ

ユーザータグ

ミクロマン 

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。